慰謝料請求の基本

蟹

慰謝料の請求額を上げる方法

交通事故に遭ってしまったときには加害者に対して慰謝料を請求することができます。これは交通事故による怪我や病気などの治療にかかる費用とは別のもので、事故による精神的な苦痛に対する損害賠償として位置付けられているのが特徴です。そのため、実費で負担するといった形を取ることはできず、慰謝料がいくらになるかはケースバイケースになっています。少しでも大きな金額を請求して慰謝料を勝ち取りたいと考えたら弁護士に相談するのが大切です。弁護士に相談するだけでまず慰謝料は高く引き上げることができます。交通事故の慰謝料には基準があり、自賠責保険基準、任意保険基準、弁護士基準という三つに分類することが可能です。この中でも最も高い水準になっているのが弁護士基準で、過去の判例などに基づいていくら程度の請求をするのが適切かが表にまとめられています。弁護士に同参して慰謝料請求をすると、その金額をベースにして個々のケースに応じた加算や減算をして請求してもらうことができるのです。状況によってはかなり高額の請求をすることになり、保険で対応できる金額を超えてしまうこともないわけではありません。それでも請求することはでき、いずれはきちんと全額を払ってもらえます。そのための手続きも弁護士に代行してもらえるので簡便な方法としても魅力的でしょう。少しでも慰謝料の請求額を上げたいというときには、交通事故に遭った時点で弁護士に連絡をするのが良い方法なのです。

Copyright© 2019 遺産の分割でもめないために専門家を利用する All Rights Reserved.